イライラしてもいいじゃない!笑顔ができないこともある!だってママはロボットじゃない人間だもん

「子供のやりたい!」を応援するためにはイライラはセットです。それでもOKなのです。だってママは笑顔だけをインストールされたロボットじゃないから。未完成ママである私は子供の成長と共に自分を作り上げて進んでいく

伝染病 子供 家族の健康

溶連菌は再発熱の可能性が1年中ある!子供だけじゃない大人も注意

2016/06/23


ac00622f18967cb8dcb6a89956e50d65_s

溶連菌感染症は冬が流行時期だとされていましたが、最近ではプールに入れる夏にも流行がみられます。特に子どもは1年中、感染しやすいのでお子さんのいる家庭では注意が必要です☝

また、再発熱を繰り返すこともあるのが溶連菌感染症の怖いところです😲

そこで今回は、溶連菌感染症の再発熱についてまとめてみました。

< Sponsor Link>

溶連菌感染症について

f4134f109db16d38dd6448c04bd2f190_s

溶連菌感染症は冬場に流行することが多いですが、夏にも流行がみられ1年を通して感染する危険性はあります☝そのため、周りで溶連菌感染症が流行っているといった情報を入手した場合には警戒しておいた方がいいでしょう。

症状は?

💡風邪に似ているので、気が付かない場合があり注意が必要です。

  • 発熱
  • のどの痛み
  • 小さな赤い発疹
  • イチゴ舌

溶連菌の特徴的な症状は体に小さな赤い発疹ができ、イチゴ舌と呼ばれる舌い赤いブツブツができることです。
これらの症状が出て、はじめて溶連菌感染症と気づくことが多いようです☝

回復期になると手足の先の皮が剥けたり、口角炎ができます。その後、症状が治まり完治します。抗生物質を飲むことで、2-3日で熱は下がり、症状も治まっていきます。

そのため、ちゃんと治療をすれば恐ろしい病気ではありません😊

合併症を引き起こさないための治療法

💡しかし、治療をしなかった場合には以下のような合併症を引き起こしてしまう可能性があります。

  • 急性腎炎
  • リウマチ熱

急性腎炎になると、入院も必要となり完治させるのに半年前後かかってしまう厄介な病気です。

溶連菌感染症自体は恐ろしい病気ではなく、ほとんどの子供が感染を経験する病気です。そこで大事なことはしっかりと治療をすることです。

抗生物質を飲むと比較的早く症状は治まります。

しかし、症状が治まったから完治したというわけではないんです。
自己判断で薬の服用をやめてしまうと、合併症を引き起こす確率が高くなることがわかっています。
そのため、最低でも10日間は抗生物質を飲み続ける必要があります。

溶連菌の再発熱

溶連菌は繰り返し症状が出ることがあります。
特に感染しやすい子どもは、症状が治まっても、また感染してしまい再発熱してしまうこともあります。

その理由は溶連菌と一口にいっても、20種類以上の菌が存在しているためです。そのため、ある溶連菌に感染して免疫ができても、別のタイプの溶連菌に感染してしまい、再発熱してしまうんです😲

学校や保育園など子どもが集団で生活している場所では感染を繰り返しやすいので、手洗いうがいなど基本的なことをしっかりやるように子どもに教えましょう😊

 

家族間の感染に注意

f05061a65c23024173ad5b73742554a5_s

また、気をつけたいのが家族間での感染です。特に兄弟、姉妹間ではよく感染してしまいます😲

そのため、家族の中で溶連菌感染症にかかった人がいたら、周りにうつさないように注意が必要です☝

また、子ども同士だけでなく、子どもから親にも溶連菌が感染してしまうこともあります。ですから、家族間の感染を防ぐためにペニシリンを内服するといいでしょう。

4日間ほど薬を飲み続けることで、発病を予防できるといわれています。家族全員が発症しないように気をつけましょう☝

再登校・再登園について

💡また、子どもが溶連菌感染症にかかった場合は登校・登園が禁じられます

再び登校・登園できるようになるのは、熱や発疹が治まってからとされています。目安としては、抗生物質の服用を始めてから2-3日ほどです。

溶連菌は感染力が強いので、周りの人にうつさないようにすることも大切です☝

❤【check】英語が好きになる!好きな時に好きな場所で自分らしくゆるふわ英語Life

まとめ

溶連菌感染症は種類が多く1年を通じて感染する可能性があります。

そのため1度完治しても再び違う型の溶連菌が流行れば何度でも感染してしまうことがあります😲また、溶連菌は家族間での感染も多い病気なので、子ども同士だけでなく親御さんも予防に努めましょう。

再発熱・再感染を回避するためには、子どもが通っている学校や幼稚園などで溶連菌感染症が流行っていないか、情報収集できるコミュニケーションやネットワークも必要ですね😊

冬場には溶連菌以外にも多くの感染症が出てきます。
ですから、自己判断せずに、異変を感じたら1度は医師に相談するようにしましょう😊

 

< Sponsor Link>
フェイスブックでも発信しています

-伝染病, 子供, 家族の健康